2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタログデータ

図面を作成するとき、建築や設備でも機械は勿論、既成の部品、製品を使って配置することが多いものです。
既存の施設を図面に起こして、新たに設備を設置する、あるいは、新たに施設や製品を設計するにも既成の部品を使うわけです。そのとき、いつもの手馴れた図面であれば、それなりの蓄積があるので、CADでは部品として登録しいあるものから、引き出してきます。
しかしながら、世の中には数知れぬ製品が存在していて、それぞれの専門分野での知識が必要ですから、蓄積といってもたかが知れたものです。
そこで、インターネットから目的の部品製品のメーカーを探して、ホームページからカタログデータをダウンロードすることになります。
じつに種類が豊富で、いつも目的のものを探すことができるとは限りませんが、図面が手に入れることがでたら、つい、嬉しくなってしまいます。メーカーではカタログデータをCDなどで提供してくれるところもあります。
また、別にネット上では個人的に車のCAD図など、色んなものをアップしている人もいて、利用の仕方は無限にあるに違いありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://menat1130.blog67.fc2.com/tb.php/19-45bcdd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

菊地製図センター

Author:菊地製図センター
開業以来、時代の需要に対応。迅速で精密な図面作成に務めています。 個人的には剣道が三度の飯より好きで、青少年の健全育成、自己鍛錬に邁進中です。
秋田出身 秋田高卒 山形大工学部卒 平成2年よりCAD導入 現在に至る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。