2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奉納試合

19日に仙台愛宕神社の祭礼があり、その奉納少年剣道試合がありました。
いつも雨に祟られるようで、今年は雨が降ったと思うと、陽射しが照りつけるという、いかにも野試合といった趣、元気な声が境内を喧しくしました。
時折泥を跳ね上げながら打ち合うのですが、いつもの床と勝手が違い、また空気が違い、大きく手を伸ばして技を出しているのが目につきました。足元が悪いので身を捨てて打ち込むのです。
剣道といえば、狭い道場で床を鳴らしながら縦横に打った打たれた、ですが、もともと昔は野外がその場となるのが普通で、従って今とは大分違ってきます。
足は踵をしっかり踏んで、腰を落とし、身体を捌いて剣を円を描くように引き斬りにする、と、なります。飛び込んでポンと打つというのは道場稽古になってからだと思います。
今の剣道でも本質は変わらない、ということは言っておくべきだと思いますが、業前が違ってくるのは当然と言えましょう。
我々は、しかし、身体を捌く、腕を充分伸ばして掌を締める、或いは跳躍に頼らず身体を寄せる、といった研究は高段者であればするべきだと思うのです。
スポンサーサイト

テーマ:剣道 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://menat1130.blog67.fc2.com/tb.php/17-b21f3342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

菊地製図センター

Author:菊地製図センター
開業以来、時代の需要に対応。迅速で精密な図面作成に務めています。 個人的には剣道が三度の飯より好きで、青少年の健全育成、自己鍛錬に邁進中です。
秋田出身 秋田高卒 山形大工学部卒 平成2年よりCAD導入 現在に至る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。