2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイソメ図

配管図では、平面と立面を描きますが、多くの管が入り組んでいる場合、立面がひとつだけだと分かりにくい部分が出てきます。
そこで立面が正面左右と3枚あればいいかと言うと、照らし合わせるのにはやはり一方向からであり、構成を考えるのには煩雑な操作となります。
従って、ひと目で管の取り合いを見るのには、3次元の図が要求されることになります。
それがアイソメ図ですが、これがなかなか思い通りにはいきません。立体として配管の交差点はその前後を配管を切ることで表現しますが、入り組むとこれがわかりにくくなってしまいます。また、注記が沢山入ることになると、図に重ならないよう、相当工夫がいることになります。
3Dでは色をつけることで、回転することでこのような難点を解決しようというのです。
しかし工夫次第では、2Dでもアイソメのかたちである程度良い図面とすることは出来ると思います。
色はつけることができますし、視点を工夫すること、寸法を上手く操作すること、などで施工者、管理者の理解を得る図面が可能です。
配管に限らず3Dとの中間として大いに利用すべきではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://menat1130.blog67.fc2.com/tb.php/15-914d6078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

菊地製図センター

Author:菊地製図センター
開業以来、時代の需要に対応。迅速で精密な図面作成に務めています。 個人的には剣道が三度の飯より好きで、青少年の健全育成、自己鍛錬に邁進中です。
秋田出身 秋田高卒 山形大工学部卒 平成2年よりCAD導入 現在に至る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。