2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション補修

定期的にする仕事として、古いマンションの外構、平面、立面のCADデータ化があります。
マンションですから、しっかりした図面がありそうですが(それは何処かにあるはずですが)、手に入るのは、折り込んだ青図か縮小されたコピーが多いようです。
補修、改良ですから、建ててから20年前ぐらいがおおいのでCADデータがないのは仕方ありません。
しかし、工事をするためにはどうしても、寸法のとれる図面が必要となります。そこで、所謂CADでトレースとなるわけです。これは、必要だけれども時間や代金に余裕のあるものではありません。
従って、我々の工夫と経験でその工事に必要な部分を考えながら、バランスをとって作図していきます。大まかに捉えて、省略していいところは省略し、大体のところで進めてしまいます。
要は図面の用途と目的に沿った図面を作ることが大事だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://menat1130.blog67.fc2.com/tb.php/11-1c076a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

菊地製図センター

Author:菊地製図センター
開業以来、時代の需要に対応。迅速で精密な図面作成に務めています。 個人的には剣道が三度の飯より好きで、青少年の健全育成、自己鍛錬に邁進中です。
秋田出身 秋田高卒 山形大工学部卒 平成2年よりCAD導入 現在に至る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。